両ワキとVラインのムダ毛を一気に脱毛しちゃおう!

ミュゼ

【ミュゼプラチナム】

両ワキ脱毛+Vライン美容脱毛完了コース

・勧誘なし
・追加料金なし
・キャンセル料なし
・返金OK
・価格>>最新キャンペーン価格はコチラ


ムダ毛の基礎知識

生理中の脱毛は?

女性であれば、生理が来るのは仕方のないことです。

生理になると憂鬱な気分になる人も多いと思いますが、そんな時でもムダ毛が伸びます。

ところで、生理中は脱毛の施術をしてもらえるのでしょうか?

もちろん、Vライン・Iライン・Oラインの脱毛はダメだと思いますが、それ以外の箇所の脱毛はどうなのでしょうか?

多くの脱毛エステサロンにおいては、生理中の脱毛の施術をお断りしています。

初回はダメという脱毛エステサロンも多いようです。

その理由としては、生理中はホルモンバランスが乱れることが考えられます。

肌が敏感になっていて、レーザーや光の刺激を受けやすくなって、痛みを強く感じたり肌が傷つきやすかったりする可能性が高いからになります。

貧血気味の体であることも、生理中の脱毛エステが肌に良くない原因になるようです。

脱毛エステをしてもらう側としても、脱毛エステに行く気分にならない人が多いと思います。

精神的に不安定になっていますし、リラックスして脱毛エステを受けるのは難しいでしょう。

痛みにも敏感になりやすい時なので、できれば生理中の脱毛は避けた方が良いでしょう。

生理中は、肌を休めてあげる時期として脱毛は止めた方がいいかもしれません。


子どものムダ毛処理は大丈夫?

最近の子どもは、オシャレな子がたくさんいます。

小学校高学年くらいになって、ウデ毛やスネ毛が目立ち始める年頃になってくると、ムダ毛の処理をしたいと思う子どももいるかもしれません。

「子どもなんだから、ムダ毛処理は必要ないのでは・・・」と思う親御さんもいると思います。

しかし、子どもの中にはかなり真剣にムダ毛のことを悩んでいるケースが少なくありません。
ムダ毛を原因にいじめの対象になる可能性も否定できませんし、ムダ毛を気にしている子どもの声を無視するわけにはいかないでしょう。

といっても、子どもの柔らかい肌にカミソリをあてるのは抵抗がある人も多いかと思います。
大人の肌であっても、カミソリの自己処理は肌に良くないと言われていますので、やはりオススメできません。

では、子どもを脱毛エステに通わせるのはどうでしょうか?

新聞記事などを読むと、子どもを脱毛エステに通わせる親御さんが増えている話が載っていて、議論になることがあります。

最近では、脱毛エステの技術が向上してきています。
ニードルエステのように痛みの激しい脱毛エステをさせるのは抵抗がある人でも、痛みのない光エステ等であれば子どもも安心して脱毛できるのではないでしょうか。


部位別のムダ毛処理について

ムダ毛を自己処理している人もいますが、全ての箇所で同じように処理していますか?
それとも、部位によってやり方を変えていますか?

肌トラブルを起こさないようにするためにも、部位によってやり方を変える方がオススメです。

では、次に部位別の脱毛方法を紹介しましょう。

例えば、ワキは、カミソリやシェーバーを利用している人が多いと思います。
ワキのくぼみをできるだけ平らにして、同じ方向に剃るのがコツです。
また、あまり剃ると黒ずみになりやすいので、抑毛ジェルなどを併用するほうが良いです。

次に脚の脱毛ですが、上→下へ毛の流れに沿って一気に剃りましょう。
1度剃った場所を、何度も繰り返し往復して剃らないように注意してください。
また、広範囲にわって脱毛することになるので、肌の乾燥にも注意が必要になります。

次は、ビキニラインなどのデリケートゾーンの脱毛になります。
デリケートな部分なだけに、特に注意が必要です。
ハサミでカットしたり、下着からはみ出た部分を剃る程度の簡単な処理のみに済ませるのがオススメです。
デリケートゾーンの毛は、他の部位の毛よりも太くて濃いこともあり、どうしても処理の回数が増えてしまいます。

本格的な処理を考えるのであれば、脱毛エステにお願いするほうがトラブルも起こらずおすすめです。


産毛の脱毛はあるの?

顔の産毛が気になっている人は、意外と多いようです。

顔以外にも産毛が気になる場所も多いもので、手足の指の産毛や背中の産毛などがあります。

濃い毛に関して、脱毛を考える人が多いものの、産毛になるとどうしたものか処理に困っている人も多いことでしょう。

カミソリで剃ると毛が太くなるという話もありますし、無闇に産毛を剃るのも躊躇われますよね。

では、産毛の脱毛は可能なのでしょうか?

産毛だから自分で処理すると、やはり肌トラブルの原因になりやすいのです。

毛が太くなってしまうだけではなく、黒ずんでしまったり、乾燥してしまったりすることがあります。

産毛の中でも特に気になるのが顔の産毛だと思います。

脱毛エステサロンでの脱毛は、レーザー脱毛でも電気脱毛でもメラニンに反応する機械を使用して脱毛します。

そのため、産毛には反応しないケースが多いですし、反応したとしても出力に注意しないと肌トラブルの原因になってしまします。

ということからか、中小の脱毛エステサロンの中には、顔の産毛の脱毛を行なっていないことがあります。

大手のエステサロンや脱毛専門のエステサロンのように、産毛にも対応できる脱毛器を使った脱毛を行なっているサロンを選ぶことが必要です。


ムダ毛が生える仕組みについて知っていますか?

ムダ毛が気になっている人は少なくないと思います。
夏に向けて薄着になる機会が増えてくると、ますます気になってきます。

ムダ毛の処理は、本当に面倒です。
そんなムダ毛は、どのように生えるのでしょうか?
ここでは、毛の生えるメカニズムを説明したいと思います。

毛には、毛周期というものがあります。
毛周期とは、毛の生え代わりの周期のことです。
体質や体の箇所によって若干の違いがありますが、だいたい2ヶ月から3ヶ月の周期で、休止期→成長期→後退期と進んでいくのです。
肌の表面に見えている毛は、全ての毛穴から生えている毛ではなく成長期、もしくは後退期の毛になります。
休止期の毛の毛穴には、生えるのを待っている毛が隠れています。
2ヶ月から3ヶ月すると、休止期の毛が成長期になって、生えてくることになります。
そのため、カミソリや毛抜きで自己処理できる毛は、成長期か後退期の毛になります。

また、脱毛エステに通った場合に、数回に分けて脱毛を行うのも、この毛周期に合わせて脱毛を行うからになります。
脱毛エステでは、メラニン色素をたくさん含む成長期の毛に働きかけることで、毛根にダメージを与えます。
このように、脱毛を考える際には、毛周期を考慮して長期的に計画することが大切になります。