ムダ毛を自己処理した時のトラブルについて

陰毛などのムダ毛が気になるけれど、脱毛エステサロンに行くのは面倒だしお金もかかるし・・・と敬遠している人も少なくないと思います。

そんな人達も、ムダ毛を放っておくわけにもいきません。

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜くなどして、ムダ毛を自己処理することになるでしょう。

しかし、デリケートゾーンのムダ毛を自己処理すると肌トラブルが起きやすいと言われています。

では、どのような肌トラブルを起こすのでしょうか?

毛嚢炎とは

一つ目は、毛嚢炎があります。

こちらは脱毛した毛穴から細菌が入って炎症を起こすことで起こります。

痕が残ると、シミや色素沈着の原因になりやすいので注意が必要です。

埋没毛とは

二つ目は、埋没毛です。

毛抜きで抜くなどの自己処理をした際に起きやすいです。

毛抜きで毛を抜くと新しい毛が生えてきますが、その前に皮膚が再生してしまい、毛穴を覆ってしまうことで起きます。

そのままでも問題はないのですが、みっともないです。

無理にほじくりだそうとすると、毛嚢炎になることもあります。

毛嚢炎や埋没毛にならなかったとしても、脱毛を繰り返していると、確実に肌は傷ついています。

治ったあとに残る傷跡である瘢痕が残ってしまったり、皮膚が硬くなってしまったりします。

毛抜きで毛を抜きすぎて、鳥肌のようになってしまう人もいます。

自己処理は止めた方が無難です。



トラックバックURL

http://www.imperialofwaikiki-jp.com/kiso/kirei.html/trackback/